1. 9月5日 古賀先生担当

9月5日 古賀先生担当

最終更新日:2016年09月11日

抄読会

Hypopituitarism and central diabetes insipidus: perioperative diagnosis and management
Devin JK. Neurosurg Clin N Am. 2012;23(4):679-89.

Key point
  • 下垂体腫瘍はその特徴的な存在部位のためにホルモン欠乏症や水の代謝異常を引き起こす可能性がある。
  • 術前の下垂体機能評価は、生命に危険を及ぼす下垂体不全を同定し治療するため、そしてホルモン分泌腫瘍を除外するために必要不可欠である。
  • 下垂体病変の手術を受けた直後の患者は、尿崩症・低ナトリウム血症の両方に即座に対処できるように、密にモニターせねばならない。
  • 下垂体手術を受けた全ての患者は、新規障害を発見するため、そしてそれが解決できるかどうかを判断するために、少なくとも4-6週間以内に綿密な評価を受けなければならない。